中山マコトの”小さな会社・店”がすぐに出来ること。

中山マコトと言うマーケター兼著者が、小さな会社や店、個人、独立志向者に対し、役立つ情報、をかけずに出来る集客・販売、知名度アップ法、書いて伝える方法、商品づくりなどをお教えしています。

自分が言いたいことを言うな! それは宣伝だ!(中山マコト)

自分が言いたいことを言うな! それは宣伝だ!

自分が言いたいことを一方的に話す。

これは単なる”宣伝”であり、売り込みでしかありません。

そこに会話とかコミュニケーションは成立しません。

下手すると嫌われるだけです。

が、視点を変えて、相手が知りたいことを語れば、それは”プレゼンテーション”になります。

プレゼンテーション=プレゼント。

フリーランスで生きていくには、売り込みではなく、プレゼン上手を目指しましょう。つまり、語るということは、本来、何かを差し上げる行為。

お客さんが欲しいモノを見極め、提示した時に初めて、コミュニケーションが成立するんです。

成績を上げたい! 稼ぎたい! 実績を作りたい!

これ、全部売る側の自己都合。

そこに“相手との関係性”などありません。

ビジネスというのは全て関係性の結果です。

よい関係性を作れる人は、よい成績を上げられる。

関係作りが下手ならば、成績も下がります。

成績=関係性。そう考えると、いかに“言いたいことを我慢するか”が重要なのか、分かりますよね? 

僕の親友、営業の達人、小林一光氏は、「我慢はスキルである!」と喝破しました。

焦らず、急がず、じっくりと関係作りに集中する。そこが重要です。

 

【中山マコト公式ホームページ】言葉のチカラを武器に走れ! https://www.makoto-nakayama.com