中山マコトの”小さな会社・店”がすぐに出来ること。

中山マコトと言うマーケター兼著者が、小さな会社や店、個人、独立志向者に対し、役立つ情報、をかけずに出来る集客・販売、知名度アップ法、書いて伝える方法、商品づくりなどをお教えしています。

絶対に売れ続ける世界唯一!パワーストーリーの作り方。(中山マコト)

今やお客さんは、ストーリーにしか興味を持たないのです。

人や企業や店に関して、「箇条書きよりも、物語にした方が、はるかに記憶に残る」と言う実験結果があります。

モノやコトは忘れてしまっても、物語は憶えているんです。

今や、商品とかサービスを「そのまま」売っても、売れる時代ではなくなりました。

モノとかコトそのもの、いわゆる“差別化”は、ほぼ無理です。

これはすでに色んな専門家が指摘していることですね。

では、どうすれば売れるのか?と言うと・・・・・

『ストーリー』

です。

 

モノやコトやヒトにまつわる物語=ストーリーだけが、

『他と違って見せる唯一の方法』

だからです。


人はそもそも、ストーリー=物語が好きです。

幼い頃から物語を読み聞かせられたり、読んだりしながら育ちます。

慣れ親しんでいるんですね。


加えて、物語には感情移入をします。

あなたも物語の主人公になり切って、一緒に泣いたり喜んだりした事、あるでしょ?

 

しかも、物語は、「世界でひとつだけのもの」。

二つとして同じストーリーはありません。

だから、明らかに、他とは違って見えます。

 

なおかつ・・・

人に伝えたくなる。

そう、良い物語は、誰かに伝えたくなるんです。

つまり・・・・広がる。

 

ね?ストーリーは最強の武器なんです。

 

僕はこの、“世界唯一の、あなただけのストーリー”を、

『パワーストーリー』

と名付けました。

パワーストーリーを持っているサイト=企業・商品は、圧倒的な販売力を持ちます。

これはもう、間違いないです。

 

有名なところでは、雪国まいたけが手掛けている「もやしのきづな」とか、スリーエムポストイットとか、SONYのウォークマンとか・・・

みんなストーリーがあったから成功しています。

他にも、事例なんて山のようにあります。

 

そう。

ストーリーを持てば売れるんです。

しかも、永続的に。

 

さて、今あなたは、

「そうは言っても、自分には大した物語なんてないよ!」

と思ったでしょう?

 

それ・・・・嘘です、間違いです。

経営者そのものにまつわる物語、社員やスタッフにまつわる物語、会社の考え方、歴史、アクシデント、トラブル、お客さんに関すること、サービスに関する事、志やビジョン、記念碑的なこととか、ま~、材料なんていくらでもあるんです。

 

つまり、ストーリーのネタを掘り起こして、人の心を捉えるストーリーを構築すれば良いんです。

が、ここでひとつ問題が生じます。

このストーリーを見つけるのって、意外と難しい。

正直、誰でも出来るわけではないです。

 

そもそも、パワーストーリーは絶対に作り話ではダメです。

リアルストーリーでないといけません。

それから、お客さんにとって興味の対象になり得るか?も重要。

独りよがりでは嫌われるだけだし、ピンと来て貰えません。

「こんなのがストーリーになるんだ!」と言う発見力も必要です。

 

そんなこんなで、正直、誰でも出来るわけではない!と言うことですね。

 

では、誰ならできるのか?

それは・・・・

コピーライティングとヒアリング技術の両方を兼ね備えた人物です。

この両方が無いと、パワーストーリーは見つからないんですよ。

 

そしてその両方を兼ね備えているのが・・・・

僕、中山マコトです。

これはもう、自信をもって言い切ります。

だって、インタビューの技術とライティングのチカラで何十年もこの世界で食べてきてる訳ですからね。

 

パワーストーリーさえあれば、必ず圧倒的に売れるのに、それが見つからないせいで売り上げが停滞するとか・・・・

勿体なさすぎませんか?ってことです。

 

どうですか?パワーストーリー、作りたくないですか?
もし作りたければ、ここ↓をクリックし、課題を教えて下さい。
【世界唯一!パワーストーリーの作り方】
https://17auto.biz/makotonakayama/registp.php?pid=42


悩みがあれば、具体的に教えてください。
読み次第お返事を差し上げます。


具体的な進め方を、もちろん費用も併せて打ち合わせしましょう。
僕は決して、手を抜きませんよ?


あなたを驚かせて見せます。
ひょっとすると、涙を流させるかもしれません。
【世界唯一!パワーストーリーの作り方】
https://17auto.biz/makotonakayama/registp.php?pid=42

 

追伸:お受けできるのは3人までです。
内容によっては、お断りする場合もあります。
入金順を優先します。

 

【中山マコト公式ホームページ】言葉のチカラを武器に走れ! https://www.makoto-nakayama.com