中山マコトの”小さな会社・店”がすぐに出来ること。

中山マコトと言うマーケター兼著者が、小さな会社や店、個人、独立志向者に対し、役立つ情報、をかけずに出来る集客・販売、知名度アップ法、書いて伝える方法、商品づくりなどをお教えしています。

今日の先延ばしは明日の憂鬱。(中山マコト)

今日の先延ばしは明日の憂鬱。

いつかではなく、今やろう!『今日の先延ばしは明日の憂鬱』というリン・ライブリーの名著がありますが、まさに先延ばしは百害あって一利無し。

今やっちゃう! ということは、やらなくてはいけないことが一つ減る! ということであり、肩の荷が下りること。

あるいは、課題が減り、脳内空間に余裕ができるということ。

延ばしても何一つ、よいことなどないんです。

先延ばし、先送りが増えると、同時に処理しなければいけないテーマが増える。

つまりは、“渋滞”します。

で、渋滞してしまうと、どうしても、“処理”が、乱暴になる。

つまり、クオリティが下がるんです。

できる時に前倒ししてやるくらいの気持ちが大事。

それこそが、クオリティを落とさない秘訣です。

【中山マコト公式ホームページ】言葉のチカラを武器に走れ! https://www.makoto-nakayama.com