中山マコトの”小さな会社・店”がすぐに出来ること。

中山マコトと言うマーケター兼著者が、小さな会社や店、個人、独立志向者に対し、役立つ情報、をかけずに出来る集客・販売、知名度アップ法、書いて伝える方法、商品づくりなどをお教えしています。

傍観者の多数決によって決められる『正義』になんて、犬の糞ほどの価値もない。(中山マコト)

世間の『正しさ』になんてなんの意味も無いんだよ。傍観者の多数決によって決められる『正義』になんて、犬の糞ほどの価値もない。

 

『リアルフェイス』 知念実希人 著  実業之日本社文庫

 

f:id:nakayamamakoto:20190203122741j:plain

付和雷同という言葉があります。

社会心理学では、同調効果という心理の動きがあり、例えば女子会で自分の好きな男優を他のみんながブサイクだと言っていたら、その場だけでは賛同したりする状態です。

こうした『大多数=正解』という考えや、人間関係を崩さないため、自分が間違っていたら嫌だから等の理由で、人間は多くの場面で大多数に同調しています。

ですが、そうした大勢は基本的に当事者ではない場合が多いです。

そもそも正しいなんて誰が決めるのでしょうか? 

どこにその基準があるんでしょうか? 

そう考えると世の中でいわれている正義とか常識なんていうのが、いかに曖昧で危う過ぎる砂の上に立つ楼閣だとも思えます。

 

「だれが言ってるんだ、それ」というつもりで全てに立ち向かってみることが重要だと思うんですよ。

 

『リアルフェイス』

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B9-%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E4%B9%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%9F%A5%E5%BF%B5-%E5%AE%9F%E5%B8%8C%E4%BA%BA/dp/4408554200

 

【中山マコト公式ホームページ】言葉のチカラを武器に走れ! https://www.makoto-nakayama.com