中山マコトの”小さな会社・店”がすぐに出来ること。

中山マコトと言うマーケター兼著者が、小さな会社や店、個人、独立志向者に対し、役立つ情報、をかけずに出来る集客・販売、知名度アップ法、書いて伝える方法、商品づくりなどをお教えしています。

お客さんの投票用紙は「お金」である。(中山マコト)

お客さんの投票用紙は「お金」である。お客さんは、価値がないと思う店には、投票しないものだ。

アール・ナイチンゲールの言葉

 

これももう、その通り!

あなたへの、世間やクライアントからの投票用紙=評価は、まさに“ギャラ”であり、“売り上げ”であり、そこからもたらされる“利益”です。

投票をしてもらうには、”信頼” ”期待”の両輪が兼ね備わっていることが必要です。

マニュフェストがいくら立派でも、実行力が伴っていなければ、逆効果。

過去にいくつもの政党がその過ちを犯してきたことはご存じの通りです。

派手なピーアールも結構ですが、でも、実態が伴っていなければ逆効果。

目につくキャッチフレーズも、実力が伴っていなければ、一歩間違うと詐欺師呼ばわりされる原因になりかねないんです。

お客さんは敏感です。

納得いかないモノに対してはたった一円でも払いません。

しかも今はインターネットの時代。

調べる気になればいくらでも調べることはできる。

よい噂も悪い噂も、ぜんぶネットの中にあるといってよいでしょう。

だから選挙民に対し、常日頃から、キチンとした自分を見せておかないといけなんです。

イザという時だけ取り繕っても、所詮はすぐに馬脚を露してしまうんですよ。

 

 【中山マコト公式ホームページ】 言葉のチカラを武器に走れ! https://www.makoto-nakayama.co