中山マコトの”小さな会社・店”がすぐに出来ること。

中山マコトと言うマーケター兼著者が、小さな会社や店、個人、独立志向者に対し、役立つ情報、をかけずに出来る集客・販売、知名度アップ法、書いて伝える方法、商品づくりなどをお教えしています。

ずっと食える一行。(中山マコト)

中山マコトです。

演歌の世界では、一曲ヒットを出すと、一生食えると言います。
地方巡業に出ても、多くの人が知っている一曲が集客に貢献し、
コンサートの席も埋まります。

f:id:nakayamamakoto:20190123155524j:plain

たった一曲で多くの人の心を射抜く。
言ってみればキラーソングですね。
これさえあれば、一生安泰!

そう、普遍の強力な武器を持つと、一生安泰なんです。

マーケティングの世界でも、キラーフレーズは山ほどあります。
例えば、再春館製薬所の、
『初めての方にはお売りできません』
なんかはまさにキラーフレーズの権化。

f:id:nakayamamakoto:20190123155551j:plain

お売りできない?え?え?なんで?
ってなって、一気に心をかき乱します。

使ってみたくてたまらなくさせます。

アサヒスーパードライの、
『コクがあるのにキレがある』
なんかもそう。

f:id:nakayamamakoto:20190123155655j:plain

ビールにコクとキレ、共存なんてしないでしょ!
と言われていた時代に、
両方セットでアピールしてきた。

え?できたの・・・どれどれ、
みたいに、人を動かす。
呑んでみないと気が済まなくさせます。

更に、大きなサイズの紳士服で有名なサカゼン。
『大きなサイズの店』
と言う一言で全部わかる。

f:id:nakayamamakoto:20190123155722j:plain

誰のための、どんな人のための店か?がすべてこの一行で分かります。
大きな人はそこに行くしかなくなります。

そして、もっと僕がすごいと思うのは、
『頭痛にバファリン』。
これ以上端的に、商品の特性・強みを伝える言葉はそうはありません。
頭痛=バファリン、と言う構図をこの一行で作り上げちゃいました。

f:id:nakayamamakoto:20190123155741p:plain

どれも見事なキラーっぷり。
ずば抜けたチカラを持っています。

そしてこれらの強いフレーズの多くが持っている、もうひとつのチカラ。
それは、
「ライバルを無力化する」
と言う事です。

先日の先制の戦略の時にも解説しましたが、
「他が言っていないことを先駆けて言う」
ことによって、後追いを許さないんです。

後から言っても、完全な二番煎じ、猿真似になってしまうので、
他社は指をくわえて見ているしかなくなります。

この、
■人の心をかき乱し、
■ライバルを無力化する
と言う二つのチカラを完備したものが、真のキラーフレーズなんです。

これが出来れば、市場はあなたのものです。
ライバルが入ってこれませんから。

この、ライバルを不在にするのが、キラーフレーズのチカラ。
キラーフレーズの存在意義です。

さて、キラーフレーズ、欲しくないですか?
欲しいですよね?
頑張って見つけてください。

これがあれば、一生安泰ですよ。
健闘を祈ります。

で、もし。
自分ではできないかも?と感じたら・・・
そしてどうしても欲しいと思ったら・・・
ここから問い合わせてください。
【キラーフレーズの作り方:問い合わせ】
https://17auto.biz/makotonakayama/registp.php?pid=31

※やりとりを重ねながら作り上げていきましょう。

【先制の戦略】
http://nakayamamakoto.hatenablog.com/entry/2018/12/12/154138


【中山マコト公式ホームページ】 言葉のチカラを武器に走れ! https://www.makoto-nakayama.co