中山マコトの”小さな会社・店”がすぐに出来ること。

中山マコトと言うマーケター兼著者が、小さな会社や店、個人、独立志向者に対し、役立つ情報、をかけずに出来る集客・販売、知名度アップ法、書いて伝える方法、商品づくりなどをお教えしています。

歌舞伎町案内人。

僕は時々、歌舞伎町deepナイトなどと言う飲み会を主催しています。

で、かなり歌舞伎町には詳しいつもりでいます。

ですが、この本物には敵いません。

本物の歌舞伎町案内人、李小牧(リ・シャオム)さんがその人。

f:id:nakayamamakoto:20190112122336j:plain

この人について知りたければ彼のベストセラー、
歌舞伎町案内人と言う本を読んで下さい。

今日のテーマは、
歌舞伎町案内人と言うキャッチフレーズ(肩書き)についてです。

このフレーズ、すごいです。

まさに余人代えがたきキャッチフレーズ。

「俺以上に歌舞伎町に詳しいヤツがおったら言うてみぃ!」
(何故か関西弁)と言う自信が迸ってます。

僕の”日本で唯一理論”をまさに体現したキャッチフレーズ。

見事です。

彼がどうしてこの仕事を始めたのか?
その物語にはまさに胸を打たれます。

彼、実はかなりのインテリ。

だからこその選択でしょう。

昨日も彼が経営する中華料理店、湖南菜館で、
素晴らしい料理に舌鼓を打ちましたが、
その若干コワモテの表情の中に、
人の役に立ちたい!と言う思いがしっかりと見えていました。

彼がここまでの圧倒的な実績を築いた、最大の功労者はこのキャッチフレーズだと、
僕は思っています。

歌舞伎町案内人からますます目が離せません。

彼は今、中国と日本の架け橋を創るべく、政治家を目指して奮闘中。

応援しましょう。

 

【中山マコト公式ホームページ】言葉のチカラを武器に走れ! https://www.makoto-nakayama.com