中山マコトの”小さな会社・店”がすぐに出来ること。

中山マコトと言うマーケター兼著者が、小さな会社や店、個人、独立志向者に対し、役立つ情報、をかけずに出来る集客・販売、知名度アップ法、書いて伝える方法、商品づくりなどをお教えしています。

有吉君の変身物語。(中山マコト)

有吉クンっていますよね。

f:id:nakayamamakoto:20190109090632j:plain

元お笑い二人組、猿岩石の片方で海外を延々と旅する番組企画で名前が売れたあの有吉クンです。

曲もリリースして大ヒットしましたよね。

白い雲のように♪だったかな?タイトル。

でね、その有吉クン。

今も大活躍・・と言うか、以前売れていた時とは比較にならないくらい売れてるんですが・・・。

何か感じませんか?

そう、まったく別の人だと思うんです、僕は。

昔は単なるお笑いコンビの片割れで、旅のネタとかちょっとしたギャグで稼ぐだけの、要は、

「テレビに無理やり育てられた人」

でしかなかったわけです。

もちろんCDの印税とかがあるわけで、決してお金が無かったわけではないんでしょうが、でも、ペラッペラな存在に見えていました。

で、仕事も減り(そりゃそうだよね?)稼げなくなった。

普通はそこで撃沈。

あの人は今!企画の対象です。

が、有吉クンの凄いところはそこからです。

もちろん誰か第三者のアドヴァイスもあったのでしょうが、見事に、

■メタモルフォーゼ=変身・変態

しちゃうわけです。

本来、とても頭の良い人なんでしょうね?

情報を取り入れるのが得意で、記憶力も抜群。

何より、毒舌。

そこを見事に活かし、あの人は今!どころか、その番組の司会をしちゃう立場に回っちゃってるわけです。

口が悪いと言うか、

『毒舌進行のスペシャリスト』

として確たるポジションを創っています。

僕も大好きですし、彼のやる番組はどれも本当に面白いです。

で・・・ここからが本題なんですが・・・

有吉君、実はな~~んにも変わってないんです。

本質はまったく”あの頃”と同じです。

でも、

■何を打ち出すか?

■どう打ち出すか?

を変えた。

何を・・・については、もちろん「毒舌」でありその視点を生かした「ニックネーム付け」と言う技を。

どう打ち出すか?に関しては、「刺激的で面白い仕切りが出来る人」と言うポジションです。

これで、今の、

■有吉君(←カタカナのクンではなく、漢字の君です)

が出来上が多わけです。

もちろん僕が今、さらりと書いたようにすんなり行ったわけではないでしょう。

目に見えない苦労もあったでしょうし、涙も流したのだと思います。

でも、彼は見事に、

『自分の持ち味だけを活かした新しい有吉像』

を構築し、市場を制圧して見せた。

恐らく収入に関しても、以前とは比較にならないくらいあると思いますよ。

打ち出し方、見え方を変えれば、収入も変わるわけです。

冠番組をいくつも持てるようにまでなる。

ここが大事です。

つまり、セルフプロデュースであり、変身です。

さて、話は変わりますが、僕は「プロデュース業」もやっています。

広告業界の仕事で培(つちか)った「見せ方」のノウハウを駆使し、

「小さな会社」

や、

「お店」

場合によっては個人まで、プロデュースをします。

当然ながらとても手間とスタミナ、そしてなにより知恵が必要なので、お仕事としてお受けしています。

で、そのプロデュース業の中にも、

「関わり方のランク」

があって、割と軽めに関わる場合から、

■何から何まで徹底して手掛ける本格的なプロデュース

までランクがあるんですが、その一番重たい=本格的

な関わり方のプロデュース、これを、

ネクストステージプレミアムプロデュース(NSP)』

と呼んでいて、一年におひとりしかお受けしないんですが・・・

を、今年もやろうと思います。

今年、最初で最後のひとりです。

もちろんそこまでやるんですから、安い金額ではありません。

が、このネクストステージプレミアムプロデュースを受けた人は例外なく、

■大ブレーク

しています。

先ほどの有吉君の話ではないですが、

■何を打ち出すか?

を見極め、

■どう打ち出すか?

を工夫する。

それだけなんですが、それが実に、

「自分では分からない」んですね。

だからこそ、僕のようなキャリアを持つ存在が、腕を振るえる!と言うわけです。

さて、この、

ネクストステージプレミアムプロデュース』

関心がありますか?

知りたいですか?

もし、詳しい内容とか、費用、やり方などを知りたければ・・・このメルマガに、

”NSP知りたい”

と書いて返信してください。

お返事を差し上げます。

定員はおひとりです。

そして、場合によっては、やり取りの内容によっては、お断りする場合もあります。

「これは!」と言う方と会うまで粘るつもりです。

ご了承ください。

本気の方だけ、熱い思いを抱えている方だけとやりたいのです。

 

【中山マコト公式ホームページ】 言葉のチカラを武器に走れ! https://www.makoto-nakayama.co