中山マコトの”小さな会社・店”がすぐに出来ること。

中山マコトと言うマーケター兼著者が、小さな会社や店、個人、独立志向者に対し、役立つ情報、をかけずに出来る集客・販売、知名度アップ法、書いて伝える方法、商品づくりなどをお教えしています。

いっそのこと、生まれ変わっちゃいませんか?

いっそのこと、生まれ変わっちゃいませんか?

 

あなたは恐らく・・・・・・・

とても頑張っています。

そのハズです。

 

ですが、その頑張りに対して、思うように成果が着いてこない、と言う悩みもある。

もしあなたが、そんな状態か、それに近い状態であれば・・・

この先を読んでいただければ、脱却の大きなヒントが手に入るかもしれません。

 

例えば有名な小説家がいるとしましょう。

過去にベストセラーも出している作家です。

が、ここ数年、鳴かず飛ばず、これといったヒットも出ず、重版もかからない。

書店の側にも、新刊が出ても大きな期待はない。

だから積極的なプロモーションも行わず、目立つ場所にも陳列してくれない。

ますますじり貧。

そこから抜け出そうと、色んな出版社を回り、「本を出させてくれ!」と頼む。

乗ってきてくれる出版社もあるにはある。

でも、書店の側も、新刊が出ても大きな期待はない。

と言うところに戻る。

この悪循環、悪魔のループ。

 

恐らく、このままではこの作家に脱却の手立てはありません。

いえ、実はひとつだけあるんです、抜け出すやり方が・・・。

それは・・・

『名前を変える事』

です。

 

ペンネームを変えて、別の名前=新人作家、で売り出す手がある。

或いは、“覆面作家”で売ると言う手もあります。

これはこれで話題になるでしょう。

 

要は、

『うまく行っていない今の状態の延長線上でじたばたしても、ブレークスルーは出来ない』

と言う事です。

周囲から見ても、「全く違う人」に見せなければ、新鮮味も目新しさもない。

これでは次から次に登場する“新しい才能”に勝てるわけがない。

「目新しさ」と言う最高のアイキャッチで負けているわけですから・・・。

書店にとっても受け取り方が違います。

 

もう一度言います。

今の延長線上でもがいても、正直、光は見えにくい。

 

だったらいっそのこと、生まれ変わっちゃう方が強いんです。

まったく別の人になってしまう方が、

■今までと同じことをやっても、新しく見えるし、新しい人からの、新しい提案に見える。

 

これは決して、整形手術をしましょう!とか、戸籍を改ざんしよう!と言う話ではありません。(笑)

 

簡単に言えば、

『あなたの見え方』

を変えればよいんです。

 

例えば僕、中山マコトは、

『キャッチコピーのプロ』

として、著者デビューしました。

それで実績も上げました。

が、そう、いつもいつもキャッチコピーの本ばかり出すわけにはいきませんよね?

「またか!」となるのが正直なところです。

 

が、そこで、そのライティングの技術を駆使した、

『起業成功のスペシャリスト』

つまり、プロフェッショナルフリーランスとして本を書いて、ベストセラーを出した。

 f:id:nakayamamakoto:20181226113755j:plain

これは、

『キャッチコピーのプロ』

の延長上にはありません。

一旦列車を降りて、別の自分を再構築したわけですね。

もちろん、僕自身は何一つ変わってはいません。

実力も能力も変わってはいない。

でも、見え方は確実に変わります。

角度が変わったわけです。

違う人からの違う提案になっているわけです。

 

そしてここが重要なんですけど、

「キャッチコピーのプロが、起業成功術を書いた!実績もある人だから間違いないだろう!」とあとで気づく。

ここが大事で、あなたがそれまで積み上げてきたものが、そこで改めて活きるわけです。

 

これが、

『いっそ生まれ変わりませんか?』

と言う事の意味です。

 

世の中には、こうした、

『生まれ変わり』

でうまく行った事例・・・・

実は沢山あります。

 

タレントさんで名前を変えて大成功!

作家で覆面になって大成功!

販売会社を変えて大成功!

メンバーを変えて、バンド名を変えて大成功!

 

沢山あります。

 

だからこそ、

『あなたにも大いなる可能性が待っています!』

 

生まれ変わってみませんか?

もし、本気で生まれ変わろうと決めたら・・・

ここ↓をクリック。

あなたの大変身の扉が開きます。

シンデレラプロジェクト仮申し込みフォーム】

https://17auto.biz/makotonakayama/touroku/entryform21.htm