中山マコトの”小さな会社・店”がすぐに出来ること。

中山マコトと言うマーケター兼著者が、小さな会社や店、個人、独立志向者に対し、役立つ情報、をかけずに出来る集客・販売、知名度アップ法、書いて伝える方法、商品づくりなどをお教えしています。

練習、足りてますか?(中山マコト)

YOUTUBEでゴルフの番組を時々観ています。

で、ゴルフを通して、ビジネスを考えます。

「お客さんを増やす努力、気に入ってもらう努力が足りない会社、店、人が多すぎる。」

それどころか、客の気持ちに逆行する店ばかり。

 

その番組のパーソナリティをやってる、ゴルフの元賞金女王、古閑美保さんが、ゲストで来ていた二年目の若手に、

『どのくらい練習してるの?』

と訊いた時、まだ何の実績もないその若手が、

『毎日最低2時間は練習場にいるようにしてます』

と答えてて、美保さんが呆れてた。

コケそうになってました。

 

「自分も不動さんも大山さん(どちらも同じ熊本出身の大選手)も暗くなってもボール打ってたよ。

見かねて管理のおじさんが灯り着けてくれた。

そうやってみんな賞金女王取ったんだよ」と。

f:id:nakayamamakoto:20181216074805j:plain

韓国選手があれほど強いのは何より練習量。

理屈じゃない!

練習の量がそもそも、違うのだ・・・と。

メンタルでもハングリー精神でもなく、そもそも、普段の練習量に尽きると。

 

飲食店で言えば、毎日、1500人から2000人が入店するわずか15坪のカフェ、あのベルクですら呼び込みをするんだよ。

ひとりでもお客さんを増やそうと必死なんだよ。

もっと真剣になろうよ。

 

先日も書いたけど、お客さんを無くすのなんて簡単。

http://nakayamamakoto.hatenablog.com/entry/2018/12/15/185503

そして、お客さんが居なくなる理由はそれぞれまったく違う。

 

さらに言えば、消えていったお客さんを呼び戻すのは、ほぼ不可能。

だったら、去って行かせないように、最善の努力をしなきゃ。

 

【中山マコト公式ホームページ】 

言葉のチカラを武器に走れ! 

https://www.makoto-nakayama.com